リアム出産レポ②

前回の出産レポ①の続きです。(今回でまとめられるかしら?)


さて、分娩室に移動してから助産師さんが

いつの間にか居なくなりしばらく放置される。

こっちの助産師さんアレコレ指導してくれないから初産の人困るかも?

もう何分間隔だか分からない猛烈な痛みと戦いながら

『分娩室の写真撮らなければ!!』(←何このブロガー魂・笑)

といって、『こんな時に!?』と王子に驚かれる。

でも痛みのせいでピントずれてるけどね、気にしてられない(笑)

e0229575_1953441.jpg


で、もう痛みがかなり来てるのに誰も戻ってこないし

王子に『無痛分娩どうなってんの?』って聞きに行って貰う。

ところが『6時で交代の時間だから今引継ぎのミーティング。待ってて。』

と残酷な一言・・・。

結局新しい助産師さんが来た頃には子宮口も8㎝程まで開いてて

そこから麻酔の準備。麻酔のドクター待ちでまたまた待機・・・

もうそのまま産んでしまうのかと思った。

助産師さん全員ドイツ語だし、私ドイツ語分からないし・・・

『ガンツランゲ。ガーンツランゲー。』っていっぱい言われたわ。

何ゆってんのか分からなかったから、昨日王子に聞いたら(←遅)

『息を長くはいて』って意味で言ってたそうな。

さて、しばらくして麻酔のおじいちゃんが来て、

『硬膜外麻酔するので危ないから絶対に動かないで』といわれ

陣痛が来る度に膝小僧に爪をギギギと立てて食いしばる・・・

側で見てた王子は『膝の肉をえぐり取ってしまうんじゃないか』

って怖くなるほど爪を立ててたらしいけど、

そんな痛み全然比にならない陣痛マックスだった。

麻酔の注射も『痛い』と聞いていたけど

あんなもの蚊に刺されてる程度に感じるほど。

でも麻酔が効き始めるまでに30分掛かる・・・


で、結論?から言うと『無痛分娩は無痛じゃない』

結局陣痛の痛み結構残されるし、陣痛の痛みは少なくても

赤ちゃん出てくる時の、産道や恥骨の痛みは普通にある・・・

あれって陣痛の痛みだけを和らげるんだったんですね~・・・

赤ちゃん出す時は前回の出産同様にめちゃくちゃ痛かったです。

なんかいろいろ(?)裂けたし。


でも、やっぱり赤ちゃん生まれてきてくれたら

可愛くって可愛くって、さっきまでの痛みが

すーっと癒されるんですよね。あの痛みは忘れはしないけど。

今回もやっぱり泣けなかった私(笑)

王子は泣いてたのに。もしかして私って薄情なのかしら?


長くなるから無理やり〆てまとまりはないけど、

リアム出産レポ、こんな感じでした♪


追伸・ドイツの入院食、朝晩パンとハムチーズ、ヨーグルト。
   昼はソーセージと芋が2日続きました・・・
[PR]



by HICHblog | 2011-04-05 20:32 | マタニティ

普通の日常・育児・私自身のキロク、写真と一緒に。
by HICHblog

カテゴリ

全体
ごあいさつ
ナンデモナイコト
カゾク
オデカケ
リラックス
フード
ジャパン
スキ
コドモ目線
トモダチ
こども
キロク
マタニティ

検索

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧